あちゃー。。。 ⇒ そうなりますか。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

$70:失われつつあるのはバランス感覚なのかもな。

たまに,

 「 優しそうですね 」

だとか

 「 モテるでしょう? 」

とか,言われることがある。

誤解してほしくないけれど,
これは自慢ではない。
他者から言われる言葉は人それぞれ違うだろうけど,
「優しそう」とか「モテそう」とか,
無根拠に,出会ったばかりの他人から言われると,
こう,変な感情にならない?

それは,
「お前に何が分かるんだ!?」
というような怒りではなくて,
無根拠に褒められると,僕の場合,
何故か「過去の自分」を思い出してしまう。

僕は,
今から1年前,3年前,5年前,
いや,10年前だっていい。
どのくらい過去にさかのぼっても,
自慢できる過去などない。

どの時代も,自問自答と苦悩に満ちた,
自信のない,恥ずかしい過去にまみれている。

だから,
僕の昔を知らない人間がたまたま,
(その人からすれば良い気遣いなんだろうけど)
「 貴方はいい人に見えますね 」 みたいな事を,
僕に向けて言った場合,
僕は反射的に,過去を思い出してしまう。



少し前だと,
そういう場面に出会った時,
僕は落ち込んでいた。
「 嫌な過去を思い出しちまったぜぃ 」ってね。

でも,
ここ最近は違うみたいだ。

誰かに無条件に見た目を褒められた場合や,
根拠なく性格を良く評価された場合,
僕はやっぱり過去の恥を思い出すが,
最近はそれを,

 「 オレはまだ ハングリー だぜ 」

って思うようになった。
いや,
「そう思うように」,
感情をコントロールできるようになったんだろう。
それは例えば具体的に言うと,



 「 ああオレはあの時,
   あの子を全然大事にしてやれなかったな 」

とか


 「 なんでもっと
   あの目標を達成しようと
   頑張らなかったんだろう 」

とか

 「 あの日
   もっと泣けばよかったな 」

とか

誰かに深い意味もなく褒められると,
僕はそういう事を思い出しながら,


 「 でも これからは違うんだ
   あと一歩 前に 出てみるんだ 」

って考えるようになった。



なんだろうね。
こういうこと,真面目に語るのって,難しい。

「 果たして伝わるのだろうか? 」

というような恐怖が先立って,
キーを打つ手を止める人もいるだろう。
でも,僕はどんどん書いてみることにするよ。
他の誰かもどんどん書いてみるといい。

「 アイツ オカしいぜ! 」

とか,批判だけを続ける人間は多い。
それは恐ろしい事だ。
でも,
自分に対する批判も,賛美も,
まずは正面から受けるしかないのかもしれない。
大事なのは,
受け止めた後,自分がどう感じるか?!
なんだと思うようになった。



今日,

「 笑うと意外に可愛いんですね 」 

と言われて,
僕はすぐに,過去に女を殴って,
頬を腫れさせた事を思い出した。



過去は消えない。
未来は過去の相似形だ。
そして過去と未来の真ん中にある 今。
今 僕が何を思うか?
それが 一番 大事なんだ。



そういえば先日,
あの日,頬を打った過去の女に遭遇した。
彼女は新しい男と笑っていた。

「 その笑顔を見て
  僕は過去の自分の過ちが
  洗い流された気がしました 」

なんて言うほど,
オレは馬鹿じゃあないよ,って自分に言い聞かせた。



( つづく )
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。