あちゃー。。。 ⇒ そうなりますか。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

$100:衝動。心の肉。無次元。

友人だとか
 隣人だとか
  会社関係の人間
   上司 部下 同僚
    コンビニの店員
     恋人 メディア 芸能人
      雑誌 文庫 自己啓発本

そんなのに溢れる 言葉
いい言葉 優しい言葉 気遣いの言葉

でもそれらって ちっとも 染み込んでこない
そう 思わない?
「ああ いいこと言ってるな」 とか
「励ましてもらっているんだな」 とか理解できるんだけどね
でも それに対して
「うん ありがたいと思わなきゃな」 って思考してる自分
それって ストレートじゃないって 感じない?




前も書いたんだけど
昔 妹が 「彼氏に突然フラれた」 って電話よこした時
「ああ 僕 死にたい」 って思った
それは 今 あらためて振り返れば
「愛」 だということだと思うよ

家族とは 愛 です
愛とは それがすでに自分の肉 であるということです
だから 愛する他者が痛めば 自分も痛い
電話で伝わった妹の痛みはダイレクトに僕の肉に響いた
だから 僕は死にたい と思ったんだ
それは ただ ただ 愛 だということなんだと思うよ





子供に 「なぜ自殺しちゃいけないの?」 と聞かれた時
明確に答えを出せるだろうか?
答えを出せる 世の中の仕組みや
オーサライズ や アナウンス が日本にあるだろうか?

よく 「アタシは死にたい」 と呟く少女をみてきた
それに 僕は 「うるさい 生きろ」 と言ってきた

自分の離れた肉 である
家族が生きる限り
その人たちに 愛される限り
我々は自らを死に至らしめてはいけない
それは 離れた自分 を残して 生涯苦しめることだからだ
自分を残して 死んではいけない
愛がある限り まだまだ やれるんだ

大丈夫 やれるさ

そう念じ続けて もう何年が経ったんだろう

そう伝え続けて さて何年経ったんだろう

愛も 生も 死も
語るものではなく ただ いつも そこに在るべきものである
しかしながら
ありとあらゆる類の情報が溢れる時代が
シンプルな思考を 見えなくしている





妹が泣いて電話をよこした時
僕は 彼女と食事をしている最中だったけれど
その時 僕は 「死にたい」 と思った

その後 しばらくして

僕は その彼女と別れた



理由は シンプルなことなんだ
それは 愛に至るプロセスじゃなかった
って それだけのこと



愛は いつも そばにある
まずは 家族にある
その先
ただの他人 だった 他者と
さて僕ら
どうやって 愛 を見つけていこうか?




それは 果てしなく続く 思考の渦の旅 であり
情報に惑う我々人間の背負う

業(カルマ)

なんだと思うよ



? 言ってしまえば僕らなんか
  似せて作ったマガイモノです
  すぐにそれと見破られぬように
  上げ底して暮らしています

  ほっぺたから横隔膜まで
  誰かを呪ってやるって気持ち膨らまし
  「こんなんじゃ嫌だ!」って
  苦肉の策を練って
  なんとか今日を生きてるよ

  虚しさを抱えて
  夢をぶら下げ
  二階建ての明日へとTAKE OFF
  灰になっても
  諦めちゃまた始めから出直したりして
  まだ自分を嫌いになれずにいるみたいだ
  体中に染み付いている
  
  嘘を信じていく



  どれくらいのペースで行こう?
  まずは何番手に着こう?
  あれこれって知恵を絞ったあげくが
  裏目にでます

  「愛してる」って
  女が言ってきたって
  誰かと取っ替えのきく
  代用品でしかないんだ
  ホック外してる
  途中で気付いていたって
  ただ
  腰を振り続けるよ

  寂しさを背負って
  恋に繋がれ
  地下二階の過去からTAKE OFF
  ハイエナのよう
  つまずいて抜かれたけど
  びゅんと追い詰めて
  ちょっと自分にプライドを取り戻せたのに
  この手が掴んだものは
 
  またしてもフェイク




  飛び込んでくる音
  目に入る映像
  暫く遮断して
  心を澄まして

  何が見えますか?

  誰の声が聞こえますか?

  いつまでも

  抱きしめていれるかな?





  虚しさを抱えて
  夢をぶら下げ
  二階建ての明日へとTAKE OFF

  ハイジャンプしよう

  騙されちゃまた
  懲りもせず 信じたりして
  もう誰も
  疑わずにいれるなら
  許し合えるなら

  大切に抱きしめてた宝物が
  ある日急に偽者と明かされても

  世界中にすり込まれている
  嘘を信じていく

  すべてはフェイク
  それすら・・・  ?



(つづく)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。