FC2ブログ

あちゃー。。。 ⇒ そうなりますか。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

$114:不祥事。鬱積。秋刀魚。談合。

今さっき
ふらっとビールを買いにコンビニに出かけて戻ってきたら
隣の部屋の奴が



   夜中にサンマ焼くとかいう



ビック・イベント ぶっかましてて。
しかも



   排煙のために玄関あけっぱなしとか



これまた ナイス・英断 かましてて。
もう なんだか



   表通路は煙でモクモク



だってゆう。
すげー。 都会ってすげーって思うとか。
いあいあ。 本当 馬鹿まみれの地域だなとか。

思った 僕ちゃん なんですけどね。 エエ。





今日は もぅ
現JOBが俄然慌しくなって 日中は忙殺。

マンスリーに戻ってきたら 旧JOBの不祥事発覚。
プログラムバグだったんだけど 作成したプログラマはもういないし。
よってシステムエンジニアの僕が 代わりにプログラム修正しちゃうとか。
そんな アンニュイ だったわけですよ。 ハイ。
そりゃあ 夜中にビール買い足しにいくわな。

なんかもぅ 帰り道にビール1リットル デフォで買ってきてんだけど
それでも足りなくて 買い足しに夜中でかけることが多くなりましたな。
「飲んでも酔わない。なぜなら鬱積した不満で脳が酔えないから」
みたいな事象が発生してるらしいですな。
自覚できちゃってます。 もろに。 エエ。

もう 今日は頭きたから
他社のキーマン(今後、対外的に有益と思われる人材)と
昼メシ食いに逝って

  「あの会社のアイツ ダルいから 潰さね?」

って話を かましてきちゃった。



  談合



ってヤツですね。 キッパリと。 ハイ。



もう JOBを真面目に考えれば考えるほど
不真面目だとか モチベーションのない人間は腹が立つね。
それは 「スキルの有り無し」 ではなくて
「人間性の良し悪し」 に 判断基準が依ってると思うけど。
とにかく
年齢とか 大手企業とか 関係なしにさ
JOBに対して 「建設的であるかどうか」 ってのが
めためた重要だと 思うよ。 これ真面目なお話ね。
なので
そうじゃない奴は ただ ただ 「排除対象」なのね。
なのでなので ただ ただ 談合して ネゴって
その手の奴等を 淘汰 しようって 動いちゃうわけ。

こゆこと公言すると


  「腹黒いんですね」


とか スパッと言う連中がいるんだけど
非常に浅い人間だと こちらから評価返ししちゃうわけね。

JOBをシビアに突き詰めた場合
それって 競争 ですから。
競争する場合の初段として アンユゥゼボォー な奴を淘汰するのは
ごく 普通の働き だと思うんだけど。 どう?

何回もここで 記録してるんだけども
生きる → 金を得る → 競争する → 脳なしを排除して生き残る
って ごくシンプルな構図だと思うんだけど
それを 黒い とか言う連中の 甘さにはまいるね。
本当に 呆れる。



しかし
この 鬱積された不満やら 怒り

3月を越えたら解消されるのかしら?

さっぱり 予測できましぇーん。



(つづく)

スポンサーサイト

$113:毒牙。独言。不共和音。


時おり
「善く生きるということ」 が分からない
ふとした時に
「正直であること」 の定義を見失う



「善さ」とは 個人だけを見た場合 成立しない
集団にまぎれて生きる場合にのみ 効果をもつ概念だ

同じように
「正直さ」とは 個人的であってはいけない
誰もが自分自身に対しては寛容であるのだから
「正直さ = わがまま」という式はナンセンスだ

善く生きること

正直であること



それは 突き詰めると
「真剣であること」 のような気がする

他人に対して 真剣さ をアピールできること
それが必要十分に伝わること
それは 今の時代 難しい気がしている

愛想笑いのメディア
他人行儀なニュース
余剰生産に慣れた生活感
距離だけを計るコミュニケーション
もしくは距離を無視したモラルの欠乏

そのような世界感に満たされた
毎日の生活の中で

時々
「善さ」や「正直さ」は
ぽっかりと 姿を消してしまうのだ





? 絞ったばかりの 夕陽の紅が
  水平線から 漏れている
  苫小牧発仙台行きフェリー
  あのじいさんときたら
  わざわざ見送ってくれたよ
  おまけにテープを拾ってね
  女の子みたいにさ
  土産に貰った サイコロふたつ
  手の中で振れば また振り出しに
  戻る旅に
  陽がしずんでゆく



  女や酒より サイコロ好きで
  すってんてんの あのじいさん
  あんたこそが 正直者さ
  この国ときたら
  賭けるものなど ないさ
  だからこうして 漂うだけ



  土産に貰った サイコロふたつ

  手の中で振れば また振り出しに

  戻る旅に

  陽がしずんでゆく



  戻る旅に

  陽がしずんでゆく ?






不意に 投げかけられて
気づく 真実 というものがある



 「 賭けるものなどないさ 」



ハッとした
その通りだと思った
だから 今 漂うのだと
だから 「善さ」や「正直さ」を見失うのだと



例えば
笑える日記だとか Web記事は 誰でも書ける
猿がケツを晒せば クスッと笑えるのと
レベル感に差異はないだろう そんなの誰でも書ける

きっと必要なのは

笑いながらでも もっと真剣に考えるべきことが

自分の周りには 恐ろしく多く 転がっているのだと

そう 自覚し アクションすることなんだろう





[Copyright:落葉/吉田拓郎]



( つづく )

$112:無礼者。無期待。無策。


ったく。

自社に週単位の作業報告,真面目に資料作ってメール送信したのに
何のレスポンスもないでやんの。

1イラッ。

知人に近況伺いのメール送信したのに
一向にレスポンスないでやんの。

2イラッ。

散々心配かけられてきた奴に電話したのに
ある時期から一切着信しないでやんの。

3イラッ。



仕事でも プライベートでも 最近
無礼な奴が めっさ増加中やね。

イラッイラッ。

嘘でもリアクションしろってのさ。

イラッイラッイラッ。



他人への無関心 と 不信感 てのは
つのってつのりまくる 毎日 ですな。

まともな コミュニケーション・スキル って

どこいったんだぁ?



( つづく )

$111:うつむく背。気狂いの歌詞。ATフィールド。膜。

表現できない。
心のフラッシュ。
視覚が脳をゆき過ぎて心に蓄積するサイン。
それを いつも 表現できない。



パズルピース。
人生は絡み合ったパズルピースだ。
自分が生んだピース。
他人から貰ったピース。
世界から与えられたピース。
さぁ 僕ら それをどうはめこもうか?
組み合わせ次第で 幸福 か 不幸 かが決まる。
さぁ 考えて 組み合わせろ。
どっちだ?
正解は どちらにある?
でも
いつも 途方に暮れて 日が沈むのさ。



夢を見る。
優しい 僕の天使。
僕だけの 天使。
それは 僕自身 なのかもしれない。
僕にあった 優しい記憶 かもしれない。

語りかけるのは いつも 目覚めた後さ。



  「 どこいくの? 僕の天使 」



失われた希望。
「失われた」と 思い込んでいる現実。
涙 孤独 失望 交錯 奮起 蘇生



  その リフレイン



表現できない。
この 混沌たる世界。
でも 刻んでゆけ。



  I am Real.



我在るが故に世界在り。

それを 刻んでゆけ。





? どこいくの? 私の天使
  寂しいよ あなたの秘密
  写真の中の ピース
  今は空っぽの スリープ
  また出会いたいな
  どこかに逢えるかな?



  離れないで 私の天使
  教えてよ あなたの秘密
  独りぽっちで クライ
  思い出してよ スマイル
  またそばにいて
  見守ってくれるかな?



  広がる
  この景色を見て 言う
  きれだね と
  私はあなたの その横顔を
  忘れない



  隠れないで 私の天使
  隠さないで あなたの秘密
  キラキラ輝く スノウ
  思い出はいつも スロウ
  またいきたいな
  また いつか いけるかな



  大きな寂しさに触れた時もここに来たね
  ふたりで また吹き飛ばせたかもね
  ここに来れば
  導かれて 飛んでゆく
  羽 広げて 舞う



  大きな 寂しさに溢れた時は
  この場所で
  思い出すよ ?


[Copyright:木村カエラ/BEAT CRUSADERS]



( つづく )

MHP2-007:色々ゴッチャマゼ-001



今日は同僚のAが遊びにきたじぇー
(つか2人して出張中なのだ。。。)
なので オンラインプレイ だじぇー

A:「 つか なんで君 女キャラ? 」

我:「 趣味です。 キッパリ 」

20080223154143.jpg




A:「 仕事中は 口悪いオッサン なのにな。 」

我:「 仕事とは別腹です。 キッパリ 」

20080223154156.jpg




つことで 早速 黒ディアチャン狩

 ランブー♪
  ランブー♪
   ランブー♪

20080223155558.jpg





 ランブー♪
  ランブー♪
   ランブー♪

20080223155718.jpg





 ランブー♪
  ランブー♪
   ランブー♪

20080223155903.jpg




瞬殺した後も。。。

20080223160249.jpg




A vs 我 ってことで。。。

20080223160257.jpg





 ランブー♪
  ランブー♪
   ランブー♪

20080223160301.jpg





 ランブー♪
  ランブー♪
   ランブー♪

20080223160302.jpg





 ランブー♪
  ランブー♪
   ランブー♪

20080223160304.jpg




A:「 引き分け。か。 」

我:「 ビールおかわり飲むぅ? 」

A:「 のむ のむぅ♪ 」

20080223160347.jpg




( 昼から呑みながら。。。 )

次は ショウグンザザミ狩

我:「 将軍? ご乱心?♪ 」

20080223171235.jpg




またしても

 ランブー♪
  雷ビリビリ双剣 で
   ランブー♪
    ランブー♪

20080223171243.jpg




 ランブー♪
  ランブー♪
   ランブー♪

20080223171312.jpg




双剣 は アクション がかっくいい♪

20080223171354.jpg




A:「 カニ相手では つまらんな。 」

我:「 はょ G でないかなぁ。 」

20080223171543.jpg




衣装替え。
タツジン装備ってあんま着てなかったけど
エロカワユス♪

20080223172347.jpg




背中♪

20080223172355.jpg




つことで シュンガレオン狩
2人とも ハンマー装備で グルグル回る作戦です。

20080223173010.jpg




我:「 っオォォォリャァーー・・・ 」

20080223173200.jpg




ぐるぐる ぐる・・・

20080223173542.jpg




ぐるぐる・・・ ぐるぐる・・・

20080223173615.jpg




我:「 ぐるぐるすんの いいけど
    この装備じゃ 勝てなくね? 」

A:「 同感なり。 」

20080223173810.jpg




殴っても なぐっても
巨大カニ さっぱ 弱る気配がねぇぇぇ

20080223174057.jpg




うをぉーりゃー

20080223174817.jpg




( あきらめて リタ )

20080223175258.jpg




( その後 装備を変えて リベ )

20080223181158.jpg




( 瞬殺。 )

20080223182720.jpg




最後は アカムチャン狩 へ。

A:「 腹へったなー 」

我:「 もぅ 夕方だもんなー 」

A:「 ニラレバ食いたい・・・ 」

我:「 あ おれも・・・ 」

20080223183504.jpg




( とか言いつつ アカムチャン登場 )

20080223184012.jpg




( アカムチャン って 今回・・・ )

20080223184105.jpg




( 最も凶悪な顔 してると思う・・・ )

20080223184422.jpg




( ま ヌッコロしましたが。。。 )

20080223185411.jpg




A:「 よぉーし メシ食いいこぉー 」

我:「 ふぁーい 」

やっぱ オンライン は楽しいね♪

20080223185446.jpg




( つづく )

MHP2-006:銀レウス-001




今日は ギルドナイト装備 ダオ

20080218022805.jpg




ギルドナイトセーバー かっくいいオ♪
ブータン も オチリ むけてるオ♪

20080218022816.jpg




「 とうちゃん 悪いオッサン シバいてくっからなー♪ 」

20080218022830.jpg




( つことで 悪いオッサン退治 デスワ )



20080218023441.jpg




( 悪いヤツ は どうしてこう。。。 )

20080218023614.jpg




( 高い塔 とかに 隠れてるんだろう。。。 )

※回答:悪人のデフォ仕様だから デス。

20080218023720.jpg






( って イタァー!
  極悪経営者だっ!! )

極悪オッサン:「 なんじゃー 帰っとったんかぁー?! 」

20080218023735.jpg






我:「 コノコノッ! 出張ばっかさせやがって!
    そんで 苦労を労う電話の1本もなしで!
    散々 経費 使いまくって飲みやがって! 」

20080218023758.jpg






オッサン:「 やーかぁーまぁーしぃぃぃー!! 」

我:「 ギャー 」

20080218023829.jpg






オッサン:「 お前のような
     腐った草 みたいのはぁー
     一生 出張 してやがれぇー! 」

我:「 ギャー ギャー 」

20080218023911.jpg






我:「 コノコノッ! 毎月の無駄なアパート代どぅしてくれんじゃ!
    住んでないのに 引き落とされてっ!
    そら 観葉植物 も枯れるわっ! 」

20080218023928.jpg






オッサン:「 しぃぃったー ことかぁーー!! 」

我:「 ギャー ギャー ギャー 」

20080218024055.jpg






我:「 いっ・・・ いけませんよぉ・・・
    大人の事情 という名の 毒 がっ!
    毒がまわってきましたよぉ・・・ 」

20080218024103.jpg






( こ ここは一時退散 デスネ・・・
  肉でも食って 心を清らかに シマショウ・・・ )

20080218024206.jpg






( よぉし!
  今度は オッサンの達者な屁理屈 には
  まぁけませぇんよぉぉぉぉ! )

20080218024222.jpg






「 神サマ 仏サマ 加藤あいサマ ・・・
  どうぞ 我に 腐れ外道をヌッコロス力 をクダサイッ!! 」

20080218024249.jpg






( ぴかりぃぃ?ん♪ )

20080218024253.jpg














オッサン:「 何度来ても
     むぅだぁー じゃぁぁー!! 」

我:「 お前なんか
    サンポール 飲んで シンヂャエェェェー!! 」

20080218024254.jpg






。。。




。。。。。。










。。。。。。。。。


( ゆ・・・ 夢 デチタカ・・・
  んもぅ 本当に嫌な夢 デチタネェ・・・ )

20080218024500.jpg











我:「 実際 悪徳オッサン はいるけれど
    アタチ 負けないモンッ!!
    今日も ビール 飲んで
    ガンガルゾェー!! ウッホホォーイ♪ 」

20080220021925.jpg




(つづく)

MHP2-005:イャンガルガ-001



頭:ギルドナイト装備
胸/腰:ミラバルカン装備
腕/足:ドラゴン装備
デシュ
20080220022504.jpg




太刀は黒剣(参ノ型)デシュ
20080220022524.jpg




眼帯ってモエるよねぇー
(リアルでいると引く)
20080220023115.jpg




「 アー モンハンPSPG まだかなぁ。。。 」

20080220023200.jpg




(つことで、)

シュタタタタ。。。

20080220023309.jpg




ズバッ! とな

20080220023350.jpg



シュタタタタタッタ。。。

20080220023537.jpg



ズバリンコッ! とな

20080220023629.jpg



ちなみに
今回は ネタ も オチ も アリマシェン
ただの 装備自慢 デシュ

「 ま 自己満足の世界 でわぁな 」

20080220023231.jpg




(つづく)

$110:禁忌。隣合せの人形。注射針。

我々
の不幸 の大半は
「自我の喪失」 にある。
よく

 僕は僕のままで生きていこう
 君は君らしくやればいいさ

というような謳い文句が聞こえるけれど
それを聞いて 反射的に感涙する人間は 馬鹿だ。
我々はたいがい 自分を理解などしていない。
「自分らしさ」というものを 把握できていない。
なぜなら
多くの人は 自分が 「生きる意味」 を知らないからだ。
もしくは 「生きる意味」 を確信できていないからだ。
もし
人が 「生きる意味」 に迷わないのなら
芸術はすでに 滅んでいる。
芸術とは 「迷いの美化」 である。
生きる苦しみ 喜び 迷い 安息 忘却 希望 逃避
そのような 「正の模索」 を描くことで
「生きる意味の喪失」 を 「美化」 するプレゼンテーションだからだ。



「なぜ 生きるの?」
その問いに 回答できる人は幸いである。

「なぜ 死にたいの?」
その問いは ただ ただ 哀しい。



ある日 出会った少女が
 僕の手を握り
  「 あったかい 」 と呟いた

彼女は 幼くして父親から性的虐待を受け
 高校で家を飛び出し 住み込みのバイトで生計を立てて
  成人になり 独り暮らしをして
   人を信じれず リストカットを繰り返し

そうして 呟いた 一言だった。



もし
誰もが 生きることを肯定し
誰もが 振り向くことさえ惜しんで前に進めるのなら
きっと 世界に 歌 は生まれなかったと思う。
歌 とは 祈り である。
希望 切望 夢で見た愛 そう言い換えてもいいかもしれない。
僕が 他人に 「生きろ」 と言う時
それは ハッタリ である。
実は 「賭け」 でしかない。
命の美談 をいくら語っても 実は虚しい。
でも それでも 言い続けるしかない。
この 腐れた世界で
 この 不調和なコミュニケーションの中で
  この 正解を未だ提示できない世間の中で
「 大丈夫 まだ やれるさ 」
ってね。



「 あったかい 」 と呟かれた時
僕は 彼女に 何て言ってあげたか
言ってあげようとしたか
覚えていない
分かることといえば
今 目を開くと そこに展開されるものは
渦巻く自我の思考の渦 と 他者
限りなく 可能性を秘めた 変幻自在の他者
我を死に至らしめんとする か 生かそうとするか の
危うい関係性だけを孕んだ
第三者的で そのくせ 絶対的な 他者という世界 なのだ
という
それだけのことである。



無機質で シンプルな 真実。
それを どう受領し 生きるかは 個人に依る。
ただ ただ
その 哀しさについて わめく人間は 「メンヘル」 と呼ばれ
黙して語らない人間は 「普通」 と呼ばれるだけのことだ。




キャンバスがある。
白い キャンバス だ。
そこに いつ 誰が 何を描こうと
実は 誰も 知ったことではない。
干渉するべきことではない。
生きる意味。
それを 自我で模索し 妄信した時
初めて 「自分らしさ」 が生じるのだという事実を

誰も

 正式に

  アナウンスしていない。



(つづく)

$MHP2-04:ブルファンゴ-001



ヨッ オレサマ だ
今日は ヒメサマ だぜ

20080218015604.jpg




武器は 男のゲンコツ だぜ

20080218015631.jpg




しかしよぅ
毎日 せちがれぇよな

20080218020305.jpg




こう
岩陰にでも 金 落ちてねぇもんかな

20080218020430.jpg




毎日 まいにち
仕事にばっか しがみついてよぅ

20080218020545.jpg




コザル みてぇな奴らと

20080218020726.jpg




ケンカ

20080218020735.jpg




ばっかしてよぅ

20080218020741.jpg











おまけに 去年 から
巨大イノシシ みてぇな 運のなさ
ほんとに まいるぜ
なんつったて オレ いま 宿命大殺界 だしな

20080218020911.jpg




でもよぅ
今年こそよぅ この 呪いステータス

20080218021015.jpg




「 ぜってぇ ぶっとばしたるぜっ! 」

20080218021026.jpg



























↓ ぶっとばされた。

20080218021046.jpg



























↓ ぶっとばされた。

20080218021250.jpg



























↓ ぶっとばされた。

20080218021256.jpg













( いつか・・・










   いつのひか・・・










    この不運・・・




















     殴り倒します・・・ )

20080218021355.jpg














( そして
   勝利のダンスを
    きっと 踊ってみせます・・・ )

20080218021511.jpg




(つづく)

$109:憑子。不調和。無駄使い。廃棄。


るひとが 申すには
世の中には 2種類のひと がいるらしい。





 石につまずいて転び 穴に落ちて死ぬひと







 穴から這い上がって 前に進むひと





だそうだ。

でも最近 もっと違う種類のひと もいる気がしている。





 穴の前にしゃがみ 奥底を見つめ続けるひと







 自ら穴を掘り そこに住み そこで死ぬひと





なんかだ。



そんなことを考えながら うとうと していると





   「 次はお前の番だぜ やるだけやってみな 」





と誰かに囁かれて


また


今日がはじまった。



(つづく)

$MHP2-03:ダイミョウザザミ-001


ヌコ野郎デス
可愛いカッコ した ドヘンタイ デス
20080217230813.jpg



しかも 武器は
「レイトウ本マグロ」 デス
20080217230832.jpg
















  「 なんか このゲーム
 

        イカれてるっ!! 」















(さっ 狩り 狩り♪)
20080217231449.jpg



でましたね!
イカレ・巨大ガニ!!
20080217231556.jpg



って。。。
いきなり 踏みつぶされましたよぉぉ!
20080217231611.jpg











ヒィィィィー
20080217231640.jpg











にげちゃだめだ

 にげちゃだめだ

  にげちゃだめだ

20080217231713.jpg











にげちゃだめだっ

20080217231754.jpg



って
 マグロ 重めぇぇぇ。。。

20080217231801.jpg
















くっ。。。
漁師が マグロに負けるなんざ 情けねぇ。。。

おっかさん。。。

 里の おっかさん。。。



   っかさぁぁ?んっ!!

20080217231857.jpg










って あれ?

 カニ どこいった?!

20080217232108.jpg




(探索)


       (探索)


  (探索)
    (探索)


            (探索)
(探索)
      (探索)











ア。。。 イタ。。。

余裕ぶっこいて 草 くっとるわ。。。

20080217232126.jpg







もぅ アタチ 迷わないっ!

この 築地のマグロ に 今

アタチ の 渾身の想いを込めて。。。


   いくよっ!!!







必殺っ!

「築地市場・豊洲移転・はぁんたぁいっ!・斬りっ!」

20080217232142.jpg












ずっばぁーん。











「ふw 一撃で勝ったゼ」   (ウソ)
20080217232155.jpg






「また つまらぬモノ を斬ってしまった。。。」
20080217232223.jpg





弔いの ダンスゥ

 ラリラリィ?♪

20080217232225.jpg




(つづく)

$MHP2-02:レオレウス&リオレイア-001


ドラゴン装備デス
頭だけ ギルドガードピアス ね
この 凶悪さ がイカシテマス




酒場 に キマスタ
20080217204911.jpg



飲みマショウ
嗚呼 飲みマショウ
20080217204924.jpg



ぶっ倒れマス
現実生活 と カワリマセンネ
20080217205023.jpg




(で 今回は 凶暴夫婦・狩 です)



双剣 で ヌッコロシマス
んが
火属性の武器で来てしまうアタリ
まだまだ素人デス orz。。。
属性攻撃 意味ナスゥシング。。。
20080217211759.jpg



逃げられマスタ
「にぃぃぃがしませぇぇんよぉぉぉー」
20080217211851.jpg




(この後すぐ 暴力妻 は9番に戻ってクル。。。
 妻は飛び回るので嫌いデス)



毒を喰らいながらも
双剣・乱舞
ランブ
ランブゥゥゥ!!
20080217212053.jpg










焼かれマスタ。。。

20080217212136.jpg











ンッノゥ!!
しばいたったゼェェ!
20080217212438.jpg



お祝いに
早速 肉を焼きマス

  生焼け デス

(狂走薬のためにワザとですぉ)
20080217212503.jpg



もっと 焼きマス
ずっと ずっと

  生焼け デス

(説明・略)
20080217212510.jpg



余った 生肉 を置いて
踊りマス


  「暴力夫 コッチコイ!」


。。。という 誘いダンス です
20080217212705.jpg











来ませんデシタ orz。。。

20080217212749.jpg











「って! おま そこで寝とったんかぃ!」

20080217212936.jpg



シバきますぉぉぉ
やっちゃいますぉぉぉ!
20080217213110.jpg



ランブー♪
 ランブー♪
  ランブー♪
20080217213427.jpg



正面から 炎の玉・直撃

 感想:「普通,これで人は死ぬよな。」

20080217213454.jpg



(ゲムでは死にましぇん!)

ランブー♪
 ランブー♪
  ランブー♪

20080217213534.jpg



討伐っ!
暴力夫婦め 思い知ったカぅ!

 感想:「どっちが 暴力 だかな。」

20080217213553.jpg



弔いの ダァンスゥー♪
20080217213631.jpg




(つづく)

$MHP2-01:クックタン-001.

モンハン2-PSP デス




ブータン を ナデナデ シマス
20080217191026.jpg



一緒に サンポ シマス
20080217191103.jpg



で。。。
狩にキマシタ 肉焼きマス
20080217191604.jpg



焼きマス
20080217191620.jpg



焼きマス
20080217191632.jpg



クックタン が キマスタ
20080217191700.jpg



爆弾で イヂメマス
20080217191719.jpg



んで
ランス で ぶっ刺しマス
20080217191932.jpg



さらに
特攻かけマス
20080217192008.jpg




(中略)



死にかけたクックタン 寝てマス
20080217192326.jpg



暇なので
この際
ブーメェラン で ヌッコロシマス
20080217192347.jpg



チクチク ヌッコロシマス
20080217192426.jpg



あっちゅーまに
逝きマスタ
20080217192502.jpg



弔いの ダンス 踊りマス
20080217192557.jpg




(つづく)

$108:欺瞞世界。愛憎膨張。心的化物。電脳自縛霊。


いかわらず 休日はど・暇 な僕ちゃんは
ニコニコ動画 ばっかり観ています。
もっぱら観ているのが アニメ です。



 自立したアニヲタになろう。



と いう
(今 とっさに考えた)言い訳ポリシーの基
本日も こんな アニメ を発掘したワケです ハイ







しかし
日本は流石 アニメ先進国 だけあって
観れば観るほど 色んなジャンルのモンが発掘されますな
すごいと 思いますぉ





ころで 最近の記事タイトル ですが
質問メールが来ますた

 「ずいぶんと意味深ですが,何かありましたか?」


回答

 「いいえ。ノリです。

。。。

。。。。。。


えと

まぁ その日 その時間 ハッと思いついた単語を
ズラズラ列挙するようにしたのが 最近のタイトル。。。デス

記事とリンク している場合もあり ない場合もあります

いわば 不定。 流動的。 適当。。。 アバウト。。。

ま まぁ あれです。

「他県の天気予報」くらいに考えてクダサイ。



「は? 何言ってんだお前。
  ま 関係ないけどな。。。。。」


くらいで オネガイシマス



(つづく)

$107:瓦解。心の骨。臆病な桃源郷。


まねぎ を スライス してぇ
シーチッキン を まぜてぇ
粒コーン を 叩きにしたのを まぜてぇ
ぐっちゃり ぐっちゃり まぜまぜ したのを ツマミ に
ビール を グビグビ。。。



 うむ。 ザ・オヤジ。



これが 我が家だったらさ。。。
もっとこう 真面目に小細工した ツマミ 作れるんだろうけどねぇ
マンスリー じゃねぇ。。。 やる気にもならんのですわ
でも これはこれで 満足
や 満足 というよりは 充足
「その場しのぎにしては合格」ってかんじょね。。。


しっかし
若い頃は 熱でると 食欲もなくなって
ぐったり倒れこんでたんだけども
歳は取るモノですね
今じゃあ 熱でようが食うわ くうわ
ビールは飲むは のむわ で。。。 orz

あれですね
「歳を追うごとに 傷つかなくなる」とか
どっかの小説家がいっておられましたけども
そうかもしれましぇん

「傷つかなくなる」 というよりは
「あきらめがつく」 とか 「限界を認める」 のが
適切な表現な気がしますな



とはいえ
体はドンドン頑丈になっているのに反比例して
この頃の 涙もろさ ったらないです ハイ
ちょっと 人間性の暖かさ を感ずるようなテーマに触れると
瞬間 涙腺・大解放 ですよ ホント

なんだか 「傷つかなくなった」んだか わかりましぇんね



もっと 心を支える太い骨 が ほすぃ。。。。



(つづく)

$106:悪癖。不毛。活力剤。不意打ち。


っかし まだ喉痛いし。。。 orz
熱は下がったようだけどね

こう 扁桃腺腫れますとね
(いや大半を摘出してるので本当に腫れてるんだか疑問)
何食っても 味 がしなくなるワケですぉ

「よし やっと元気になってきたので
  お気にのあの店の ●● 食って帰るかぁ♪」

とか思い うまいもん食っても
味がしないんだから 空しいですわぉ
だったら その辺の雑草 しゃぶってても変わらないかと
思っちゃう 病後 ですね エエ

そうそう
熱が出ると これまた 面倒なのが
洗濯ね
もぅ どんどん汗かく ⇒ 熱下げる ⇒ 水飲む
を繰り返すことで治すという

原始的治療法

を信仰しているワタクシですから エエ
どんどん 汗だくの服をですね 洗濯せにゃあならんのですよ
嗚呼 メンドイ


さて
しかしながら 週末ですね
土日はまぁ 病も収束に向かい
平穏に過ごせそうですぉ ヨカッタネー♪


(つづく)

$105:希薄感情。無限代用品。躁鬱病。のフリ。


んとうに チャッツの世界をやっておりますと
興味深い ネタ が尽きませんな

あれですね 傍観天国 ですね
 分かりきった展開 が 連日こんなにも面白い とわ



この際ですから 先日読んだ「アミービック」風に
らりったフリして 思っていることを書きますとね
(嗚呼。。。 またよみづらいことを。。。 ご容赦)



あーまたこいつは。待機メッセに「お気軽にどうぞ」とか。これはね。馬鹿かプロだね。気軽に金払う客はいないってのにあえてメッセ表示するのは。馬鹿かプロだね。犯行だよね。すごい。あーこっちは「かまってください」とか。お互いボランティアじゃないんだから情に訴えるのはこれまたプロの犯行だね。すごいね。泣けるよね。おおこいつはこいつで「23時で落ちます」とかそんなんメッセに書くことじゃねぇよって。って思わされている時点で負けなんだね。注目させられた時点で負けなんだね。またしてもプロかそうか。納得。ってほんと悪ふざけはこれくらいにしようかな。まったくどこをみても阿呆ばかりだね。楽しいね。あー。タバコが吸いたいね。切らしてるね。ビールもだね。灰皿からシケモク発掘しようかな。だってほら外は寒いしいちいちレジの店員に触れ合うのキモいじゃん。めんどいじゃん。あーあったあった。長めのやつ。これ吸えるようん吸える。これでいいじゃん。ビールはなくてもいいじゃん。ってあーそういえば例のコはまた客に惚れたらしいねー。どんどん変わってくねー大丈夫かねー。でもそうなるんだろうねー毎日ネットだもんねー外気イコール客だもんねー。すごいねーびびるねー。妹がこの仕事してなくてよかったねー。兄は泣いたねーきっと嘆いたねー。そうそう書きかけの小説でも書こうか。書きたくなってきたねー絶望が増すと降りてくるねー神がくるんだよねー書けって命令するんだよねー。かくか。かかないとな。忘れる前に書いとけ。でもあーやっぱタバコが足りないねー。買ってくるか。かってくるか。くるか。



。。。

改行は必要です。



しかし
ほんと ネッツは毎日素敵ですね。

人間不信にも 限界があるといいのにな。

あ それって 真面目な絶望 に至りますね。

たいがい 毎日は喜怒哀楽のフリですから。 エエ。





適当に またガンガルかぁっ!


(つづく)

$104:微熱。反芻。情報蜷局。言葉遊戯。


っと さんま缶 が尽きます。
もぅ さんま祭り は飽きました。



4902056012210.jpg




当然の結果 ですね。 ハイ。

今日 起きたら 身体がダルッ。。としたので
会社 休みました。 エエ。



  「無理は出来ないコ」 です。 ハイ。

  「頑張れないコ」 なんです。 イエーイ。



しかし
休んだのはいいが さっぱり回復せず orz
むしろ 今頃になって 熱でてきた orz
さすがに 2連休 は格好が悪いので
明日は あれですね バフリン 飲んで逝ってきますょ。
まぁ 定時までの辛抱だから 大丈夫。。。だろう。



ところで 今更思い出したのですが
なんだか昨年末あたりに
渋谷公園?! だかで

  「愛する人 に
    普段言えない気持ち を
     公園で絶叫 しようっ!!!」

みたいの やってましたね

ある男性が登場

  そやつ:「彼女に普段
         恥ずかしくて言えない気持ち
        今日は思い切って 言います!」

ときまして
なんか 撮影用に設置された黄色い台に乗って





  「○○子ぉー!!
   いつも恥ずかしくて言えないけどぉー
   すごく 愛してるよぉぉぉぉーーー!





って

 今

  お前は

   全力で恥ずかしい。





と 思った僕ちゃんは
とても正常値だと 自らを評価しますた。 ハイ。

あれだょ。 あれ。
情報が 多すぎんだょ。 日本。
それといかにメディアに呑まれてるかってことですね。

かの男
おま 大事な愛の言葉を メディアに晒されて
彼女さん よろこぶと思うかょ。。。
と 真剣に考えた僕ちゃんは
とても NHK しか観ません。(ほぼ)



ほんと あれやねー

 「他人をあざけて楽しもう♪」

っつー メディアの発想は キモいねー
「あいのり」とか 大嫌い。
愚の骨頂とは あゆの指すわょね。。。




お遊び ですけど。
なんでも かんでも。 ね。


(つづく)

$103:騙し合い。錯乱。惰眠。閉塞する快楽。

アミービック
という小説を読みますた。



10001407999_s.jpg




らりってます。 とっても。
逝ってました。 どこまでも。

テーマがいまいち分かりませんでしたが
「自分を認知できない」という面では共感しますたね。



一度見失ったモノを 半身不随で追いかけると
 やがて方向を見失い 極地にたどり着くということです。
さらには現実感を削がれ 精神が身体を追い抜き始めると
 世の中の善たる思想どもは とうとう2次元に収まって
  そこにしか存在しないと 妄信し始めるということです。



あぁ おっかなぃ。


(つづく)

$102:バラ売りの希望。似て非なるモノドモ。振り子仕掛けの失望。リフレイン。

希望に似て非なるもの

 手に取ったと確信し

  わずかなその後に 不意に訪れる失望

その リフレイン

絶望に似て非なるもの

 堕ちたと覚悟し

  目を閉じたその後に また生かされる拷問

その リフレイン



食らい 渇望し 探求し 犠牲を支払い

 得たと錯覚し 堕ちて また蘇生する

  それを繰り返せ 我らが業

明日 目を開いた時

 映るのは 希望か 闇か



いずれにせよ

 救いの終端はない

  繰り返し届く 感情の音波に

   どこまでも 一喜一憂してゆけ



そう 念じつづけてゆけ



(つづく)

$101:繰り返す余剰。届かない予知夢。

逝って
きましたょ。 社員旅行。 男だらけの旅行。
もうね。 FUCKですね。
「FUCK」なんつー淫語を「ですね」なんて敬語で表す程の
この気持ち悪さったらないですね。 ほんとFUCKですよ。

旅館について 即 酒飲み始めて
風呂にお供し
風呂上りにまた飲んで
夕食がどかどか出て そこでもまた飲んで
食後にまた風呂入って んで飲んで
飲んで 飲んで 飲んで
夜中の2時になって また風呂いって
「いい加減寝るよな?」と思ったら
風呂入ったら 上役ら 元気になっちゃって
また飲んで 飲んで
締めに ラーメン だとさ

その デロデロに酔った目つきでね
カップ麺を見つめる様ったら もう 豚ですね

浪費の最たる様 というのは
これほどに醜いもんかと 本当に嫌になりましたね
もう なんというか
日本の余剰生産っぷり には 絶望ですよ
どちらかというと 貧乏 な方がいい気がしてきました

しまいにゃあ
彼らの 経費の散財っぷり まで知ってしまい
もう なんでしょうね
同僚のAとは ずっと 目配せしててっつーか
「ガチで絶望だな」ってサインを送りあっていたというか



彼らみたいなのはね
成り上がり経営者みたいのって
世の中 ゴマン といるとは周知のご事実ですよ
嫌なのは
「お前らも共犯だから」 みたいな空気になること
実際 共犯扱いにされること
それはぁ 誠に嫌なものですよ



しっかし
どんどん こう 切実味を増してきた
我がブログゥ に 乾杯



よし 寝るぜ orz。。。


(つづく)

$100:衝動。心の肉。無次元。

友人だとか
 隣人だとか
  会社関係の人間
   上司 部下 同僚
    コンビニの店員
     恋人 メディア 芸能人
      雑誌 文庫 自己啓発本

そんなのに溢れる 言葉
いい言葉 優しい言葉 気遣いの言葉

でもそれらって ちっとも 染み込んでこない
そう 思わない?
「ああ いいこと言ってるな」 とか
「励ましてもらっているんだな」 とか理解できるんだけどね
でも それに対して
「うん ありがたいと思わなきゃな」 って思考してる自分
それって ストレートじゃないって 感じない?




前も書いたんだけど
昔 妹が 「彼氏に突然フラれた」 って電話よこした時
「ああ 僕 死にたい」 って思った
それは 今 あらためて振り返れば
「愛」 だということだと思うよ

家族とは 愛 です
愛とは それがすでに自分の肉 であるということです
だから 愛する他者が痛めば 自分も痛い
電話で伝わった妹の痛みはダイレクトに僕の肉に響いた
だから 僕は死にたい と思ったんだ
それは ただ ただ 愛 だということなんだと思うよ





子供に 「なぜ自殺しちゃいけないの?」 と聞かれた時
明確に答えを出せるだろうか?
答えを出せる 世の中の仕組みや
オーサライズ や アナウンス が日本にあるだろうか?

よく 「アタシは死にたい」 と呟く少女をみてきた
それに 僕は 「うるさい 生きろ」 と言ってきた

自分の離れた肉 である
家族が生きる限り
その人たちに 愛される限り
我々は自らを死に至らしめてはいけない
それは 離れた自分 を残して 生涯苦しめることだからだ
自分を残して 死んではいけない
愛がある限り まだまだ やれるんだ

大丈夫 やれるさ

そう念じ続けて もう何年が経ったんだろう

そう伝え続けて さて何年経ったんだろう

愛も 生も 死も
語るものではなく ただ いつも そこに在るべきものである
しかしながら
ありとあらゆる類の情報が溢れる時代が
シンプルな思考を 見えなくしている





妹が泣いて電話をよこした時
僕は 彼女と食事をしている最中だったけれど
その時 僕は 「死にたい」 と思った

その後 しばらくして

僕は その彼女と別れた



理由は シンプルなことなんだ
それは 愛に至るプロセスじゃなかった
って それだけのこと



愛は いつも そばにある
まずは 家族にある
その先
ただの他人 だった 他者と
さて僕ら
どうやって 愛 を見つけていこうか?




それは 果てしなく続く 思考の渦の旅 であり
情報に惑う我々人間の背負う

業(カルマ)

なんだと思うよ



? 言ってしまえば僕らなんか
  似せて作ったマガイモノです
  すぐにそれと見破られぬように
  上げ底して暮らしています

  ほっぺたから横隔膜まで
  誰かを呪ってやるって気持ち膨らまし
  「こんなんじゃ嫌だ!」って
  苦肉の策を練って
  なんとか今日を生きてるよ

  虚しさを抱えて
  夢をぶら下げ
  二階建ての明日へとTAKE OFF
  灰になっても
  諦めちゃまた始めから出直したりして
  まだ自分を嫌いになれずにいるみたいだ
  体中に染み付いている
  
  嘘を信じていく



  どれくらいのペースで行こう?
  まずは何番手に着こう?
  あれこれって知恵を絞ったあげくが
  裏目にでます

  「愛してる」って
  女が言ってきたって
  誰かと取っ替えのきく
  代用品でしかないんだ
  ホック外してる
  途中で気付いていたって
  ただ
  腰を振り続けるよ

  寂しさを背負って
  恋に繋がれ
  地下二階の過去からTAKE OFF
  ハイエナのよう
  つまずいて抜かれたけど
  びゅんと追い詰めて
  ちょっと自分にプライドを取り戻せたのに
  この手が掴んだものは
 
  またしてもフェイク




  飛び込んでくる音
  目に入る映像
  暫く遮断して
  心を澄まして

  何が見えますか?

  誰の声が聞こえますか?

  いつまでも

  抱きしめていれるかな?





  虚しさを抱えて
  夢をぶら下げ
  二階建ての明日へとTAKE OFF

  ハイジャンプしよう

  騙されちゃまた
  懲りもせず 信じたりして
  もう誰も
  疑わずにいれるなら
  許し合えるなら

  大切に抱きしめてた宝物が
  ある日急に偽者と明かされても

  世界中にすり込まれている
  嘘を信じていく

  すべてはフェイク
  それすら・・・  ?



(つづく)

$99:たらいもマイハゥ巣。


やぁ。 1ヶ月ぶりにかぇってきたょ。 我が家に。

いいね。 うん。 いい。
まず,当然ながら部屋の広さが違う。
ビバ・2LDK。 これだょ。 これ。
やっぱ キュウキュウ のマンスリーとは違うょね。
こう, ふっ。。。 と 「心がふくらむ」 感。
うむ。 これが 「落ち着く」 というヤシか。 そうか。

あと,
自宅のPC,やっぱ早い。
CPU3.5G で メモリ2G はやっぱいい。
出張に持っていっている ノートPC は半分以下だもん。
快適カイテキ。 うん。 これが 「気持ちよさ」 かそうか。



で,次に,

 1か所電気つけっぱだった。

ヘコんんだ。。。 



で,次に,

 植物枯れてた。

ヘコんんだ。。。 
妹チャン 「水やっといたじぇ!」 って言ってたケド。。。
あげすぎたみたいで。。。 カレテタ。。。



で,次に,
明日は,自社にて 「業務報告」。
そして
 午後から
  男だらけの社員旅行。





よし。
いい機会だ。
はっきし 言っておこう。
目に見えない誰かに,動かざる何かに,言っておこう。



あのな。

出張ウゼェんだよ。

脳タリンしかいねぇんだよ。

デヴとブサしか見かけねぇよ。

人が多くてモラルがねぇんだっつの。

発狂させたいのか。

んで,

帰社して報告する事などない。

「毎日が絶望です」しかない。

んで,

お前らと旅行なんぞお断りだ。

明日,風邪ひこうかな。

ギョウザ食おうかな。中国の。

そんな心境だボケェ。

湯煙・男風呂巡り♪





逝ってしまえっ!










以上。

明日はまたも 決戦 か。。。 orz...



(つづく)

$98:ほぇあぁぁー

今日
は,東京のJOBのキックオフ飲み会だったぁ。。。


その場で JOBの最上位権限者である
本部長サンにさ

 「いやぁ霧君。 君の実績には信頼置いてるよ。
   君みたいのが御社にもうひとりくらいいたら
    もぅ ズバッと大きなJOBくれてやってもいいよ」

なんて言われたんだけどさ
本来なら社交辞令で 「ありがとうでしゅ♪」 とか
言っておくべきだったんだけどさ

僕ちゃん 酔ってて つい

 「そんな突拍子もない発言は、
   警戒心を強めるだけですね。
    まったく信用できませんよ。 」



って言っちゃった!!




お仕事をくれる会社の 超・エライ人に 言っちゃった!





ま,本音だし。いいか。


(つづく)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。